counter

宇都宮市社会福祉協議会

本文開始

<  募金等 <  社協会員募集

社協会員募集

 宇都宮市社会福祉協議会(社協)は、市民の皆さまや関係機関・団体などの参加と協力をいただきながら、市内の生活・福祉問題の解決を図り、誰もが住みやすい福祉のまちづくりを皆さまとともに目指す民間の福祉団体です。
 皆さまにご協力いただいた会費は、ふれあい・いきいきサロンや福祉協力員活動の推進などの地域福祉活動の他、ボランティア活動の推進、在宅での生活をお手伝いする在宅福祉事業などに有効に活用させていただきます。
 活動の目的・趣旨にご賛同いただき、社協会員にご加入くださいますよう、心よりお願い申し上げます。  

社協会員とは?

社協の目的や事業をご理解いただき、地域福祉事業を推進するための支援をしていただく方々のことです。市民の皆さまとともに福祉への関心と理解を広めることで、地域福祉活動を推進し、また社協会員となって会費を納めていただくことで、間接的に地域福祉事業に参加していただくという意味があります。会員になったからといって、活動を強制されることはありません。

会員加入は強制ですか?

強制ではありません。
加入はあくまでも任意となりますが、
皆さまのご支援・ご協力をお願いいたします。

なぜ会費を集めるの?

「福祉は税金で…」と思われる方もいると思います。しかし、行政の福祉だけでは、施策の対象から漏れてしまう方がいます。社協は福祉の隙間を住民相互で支え合う活動を推進しています。会員の皆さまからお預かりした会費は、そうした地域福祉を推進するうえでの貴重な財源となっています。

会員区分と会費

普通会員(各世帯)300円以上
特別会員(個 人)1,000円以上
団体会員(社会福祉施設・団体・機関)5,000円以上
賛助会員(企業・事業所・個人)10,000円以上

会費は何に使われているの?

皆さまからお預かりした会費は、次のような事業に役立てられています。

■地区社協で行う福祉活動のために

● 福祉協力員による地域の見守り活動の推進
同じ地域で暮らす住民として、福祉に関する問題や悩み・不安や孤独感を抱える方々に対して、見守りや声かけを行い、「住民相互の支えあい活動」を推進している地域のボランティアです。地区で行う「ふれあい会食事業」や「ふれあい・いきいきサロン」などでも活躍しています。
● ひとり暮らし高齢者ふれあい会食事業
おおむね65歳以上の地域のひとり暮らし高齢者を対象に、会食などを通じて地域住民どうしの交流や、仲間づくりを目的に、関係団体や地域住民等の参加・協力により行っています。
その他、敬老会や地区福祉まつりの開催などそれぞれの地域で行う福祉事業・活動のために使われます。

■市民のボランティア活動推進のために

● ボランティアの登録やコーディネート
● ボランティア情報の提供
● 福祉共育の推進
● ボランティア養成講座や体験講座の開催
その他、ボランティア活動の推進と参画を促進するために使われます。

■市社協が地域の福祉活動を支援するために

● 各地区における福祉協力員の活動促進や地区社協の活動支援
● 社協だよりやホームページを活用した広報・啓発活動
その他、適正に法人運営を行うために使われます。

■相談事業のために

● 総合相談センター
市民の抱える生活・福祉問題等のさまざまな心配ごと、悩みごとの相談に応じています。

■在宅福祉サービス事業のために

● ファミリーケアサービス事業等
在宅の高齢者や障がいのある方等に、有償による家事援助サービス等を行っています。

平成29年度会費実績

会費種別   
普通会費300円以上108,096世帯31,716,072円
特別会費1,000円以上230 名258,700円
団体会費5,000円以上90 団体485,000円
賛助会費10,000円以上264 事業所3,000,000円
35,459,772円

平成29年度は、35,459,772円のご協力をいただきました。誠にありがとうございました。


平成30年度社協会員 自治会別納入内訳書(様式1)(EXCEL)

平成29年度 社協会費協力事業所一覧(PDF)
平成30年度 社協会員募集チラシ(PDF)

お問い合せ 宇都宮社会福祉協議会 総務企画課 電話636-1215 ファックス 638-9856
 

宇都宮市社会福祉協議会会員にご加入いただき、
地域福祉活動へのご支援・ご協力をお願い申し上げます。