counter

宇都宮市社会福祉協議会

本文開始

<  事業 <  生活困窮者自立相談支援事業

生活困窮者自立相談支援事業

 経済的に困窮している方に対し、生活や仕事における困りごとや不安をお聞きし、現にお困りの状況から脱却し、その人らしい自立した生活を送れるよう支援します。
(この事業は、宇都宮市より委託を受け、宇都宮市社会福祉協議会が実施しています。)  



〜例えばこのようなことでお困りごとはありませんか?〜

  • ○働きたい気持ちはあるが、どうしたらよいのかわからない。
  • ○失業してしまい、家賃の支払が難しくなってしまった。
  • ○仕事が長く続かない。
  • ○就職活動の進め方がわからない。
  • ○子どもの学力が心配だが、塾を利用するのは経済的に難しい。
  • ○生活に困っているが、どうしたらよいのかわからない。

相談から支援の流れ(相談無料・秘密厳守)

  1. ,泙困郎お困りのこと、不安に思っていることをお聞かせください。
    窓口にお越しいただけない場合はその旨を支援員にご相談ください。
  2. △漢蠱未い燭世い親睛討ら、解決すべき問題は何か、自立に向けて何が必要かを支援員と一緒に整理します。
  3. 自立に向かうための、プランを、支援員が相談者の方と一緒に作成します。
    プランは、生活困窮者自立支援制度に基づく事業(住居確保給付金・就労準備支援事業・学習支援事業)のほか、様々な公的制度や各種サービスの利用も視野に入れて作成します。
  4. ち蠱娘圓諒の自立に向けた活動を、プランに基づいて支援します。
    相談者の方の状況や、サービス等による支援状況を定期的に確認しながら、もしプランの通りに行かない場合は、再度プランを再検討します。
  5. ゲ魴茲垢戮問題が解決し、相談者の方が自立できた時、支援は終結します。

■窓 口宇都宮市中央1−1−15
宇都宮市総合福祉センター5階
■連絡先電話番号:028−612−6668
FAX:028−637−2020
メール:jiritsu@utsunomiya-syakyo.or.jp
※メールでのお問い合わせについては、
 お手数ですが件名に【自立相談】と
 入力をお願いいたします。
※都合上、返信まで数日かかることもございます。
 お急ぎの場合はお電話ください。
※お名前やお住い、ご連絡先を
 メール本文内にご記載いただきますと、
 のちの対応がスムーズになります。
■開設日時月曜日から金曜日(祝祭日および年末年始を除く)
午前8時30分から午後5時15分
■サテライトセンター老人福祉センター(5か所)・河内総合福祉センターにおいても初期相談を受け付けています。