counter

宇都宮市社会福祉協議会

本文開始

<  地域福祉 <  障がい者福祉バス『友愛号』

障がい者福祉バス

宇都宮市社会福祉協議会では、障がい者の社会参加を促進するため、福祉バス「友愛号」を運行しています。





「友愛号」は利用定員32名で座席26席・補助席5席・車イス固定席1席となっております。※ 車イス固定席は、2席まで増席可能。

ただし、車イス固定席を2席利用する場合は、座席2席を取り外しますので、利用定員31名(座席24席・補助席5席・車イス固定席2席)となります。
 詳しくは、 『福祉バス「友愛号」座席表』 をご覧ください。
リフト付きです。
車椅子を使用されている方は、車椅子から降りずにバスへの乗降が可能です。

  車椅子を固定します。
バスの車内に車いすを固定するスペース(2席分)がありますので、座席への移動をする必要がありません。
い修梁
カラオケ・DVDプレーヤーを設置してあります。(ディスクはありません)

 ご利用の案内

【目 的】
1障がい者(障害者総合支援法第4条第1項及び2項に規定する障害児者)の社会参加活動を推進する。
【利用資格】
下記の1〜3「すべて」の要件に該当する団体等
1.次のいずれかに該当する団体等
・市内に居住する障がい者及びその介護者
・市内の障がい者福祉団体(障がい者又はその保護者及び関係者で組織され、障がい者の地域社会への参加と福祉の向上に寄与している団体)
・障害者総合支援法第29条第1項の規定による市内の指定障害福祉サービス事業者等
・市内の特別支援学校・市立小中学校の特別支援学級児童生徒及びその介護者
・その他市長が適当と認める団体
2.利用者のうち、半数以上が障がい者であるものとする。
3.利用者の乗車人員は、10名以上33名(※注)以内とする。ただし、車いす使用者のみで利用の場合は、原則として3名以上(介護者1名含む)とする。
(※注)…乗車人員は、座席27席・補助席5席・ガイド席1席で33名まで利用可能であるが、通常は、座席26席・補助席5席・車いす固定席1席・ガイド席1席としているため、車いすを固定しない場合、乗車人員は32名となる。
また、車いすは2台まで固定可能である。この場合はさらに2座席を取り外すため、座席24席・補助席5席・車いす固定席2席となり、乗車人員は31名となる。
【利用対象事業】
1.講習会、研修会、社会見学などの教育事業
2.文化祭、スポーツ大会、レクリエーションなどの社会参加促進事業
3.機能回復訓練
4.その他市長が適当と認める行事
【運行時間等】
1.運行時間は、午前9時から午後5時までとする。
ただし、12月29日〜翌年1月3日、点検整備日は運休
2.1日の走行距離は原則として200km以内
3.1回の利用日数は2日以内とする。
4.その他市長が必要と認めた場合
【利用に伴う費用負担】
福祉バスの利用料は無料であるが、下記の費用が発生する場合は利用団体の負担とする。
1.宿泊する場合の運転手の宿泊費
2.有料道路通行料(回送を含む)
3.駐車料
4.その他市長が適当と認めた経費
【利用の予約・申請等】
1.利用の予約受付は,利用希望日の6ヶ月前から10日前までとする。
(受付時間) 月曜日〜金曜日  ※土・日・祝日・年末年始は除く。
      午前8時30分〜午後5時15分
ただし、同一日に利用を希望する者が複数ある場合は、電話による受付を優先とし、先着順とする。
2.利用申請は,予約日の10日前までに、「福祉バス利用承認申請書」(※注)を宇都宮市社会福祉協議会に提出する。
(※注)…『福祉バス利用承認申請書』は,宇都宮市社会福祉協議会に取りに来るか、ホームページからダウンロードすることもできる。
福祉バスの安全で円滑な運行のため、1か月前を目安に、早めの申請書提出にご協力をお願いします。
3.前項により福祉バス利用承認通知書の提出を受け、当該申請者に対し利用を適当と認めた場合は、「福祉バス利用承認通知書」により通知する。
【利用の取り消し】
1.利用の承認を受けたものが、下記のいずれかに該当した場合は、その利用を中止、または取り消す事が出来る。この場合、利用団体が損害を受けることがあっても、市はその責めを負わない。
・利用団体が利用資格の規定に該当しなくなったとき。
・利用団体からの申請で、安全運転管理上、目的地や行程等に支障があると認められるとき。
・利用団体が使用承認の条件に違反したとき。
・偽りその他の不正の行為により使用の承認を受けたとき。
・その他市長が利用を不適当と認めたとき。
【利用上の注意事項】
★ 交通事情等やむを得ない場合を除き,予定のコースは変更できません。但し、経路時間を大幅に遅れ、予定時間に戻れないと判断した場合は行先を省くことがありますので、予めご了承ください。
★ 行程を立てる際,運行速度は時速30辧40辧聞眤道路は80辧砲鯡椣造暴衢彁間を換算して下さい。特に市街地を多く通過するときは余裕のある計画を立てて下さい。
★ 乗降地及び目的地での駐車場等は,利用者が確保して下さい(道路での停車は出来ませんので、予めご了承下さい)
★ 車いす使用の方が乗降する場合、道路での停車は法令上違反のため出来ませんのでご注意下さい。
★ 利用者は運転職員に対し,行き先案内ができるようにして下さい。
★ 天候による行先の変更がある場合には,あらかじめ別途の計画書を提出して下さい。
★ 冬季の運行については,危険防止の為運行不可能になることがありますので、積雪地を運行目的地に設定する場合は,必ず事前にご相談して下さい。
★ 1泊2日で利用の場合,翌日の運転業務に支障がありますので,運転職員はなるべく早い時間に単独で休めるよう配慮して下さい。
★ 福祉バスの故障や運転職員の病気等で,やむを得ず運行不能になる事があります。この場合を考慮し,別な交通手段及び対処等をあらかじめ検討しておいて下さい。
★ 市総合福祉センターを集合・解散地として福祉バスを利用する場合は,駐車場がないため自家用車での来館はご遠慮下さい。
★ 経路途中の目的地で、体調不良等で下車せず車内に残る方がいる場合は、必ず付き添いを付けて下さい。
★ 車内は,清潔にして気持ち良く利用できるよう心掛けて下さい。(ごみはお持ち帰りください)

↓ ダウンロードしてご利用下さい   クリックすると開きます。

*福祉バス利用承認申請書PDFExcel
*福祉バス「友愛号」座席表PDFExcel

ご利用には Adobe Reader が必要となります。ご自身のパソコンに Adobe Reader が入っていない場合、こちらからダウンロードして下さい。

ファイルをダウンロードできない方は、ご使用のパソコンのセキュリティー設定でJavaScriptを有効にしてご利用ください。


宇都宮社会福祉協議会 施設管理課 電話:634-29415 ファックス:638-9856